黒ギャルビッチ姉にまかせなさい

「はぁっ、恐ろしい!わたしのおちんち○、おねえ様のおっ○いにしぼりとられちゃう!
はぁはぁはぁ……更に、白いおしっ○でちゃう!せーし出ちゃう!」
「はぁはぁ。すばらしいぞ!おねー様の胸の谷間にわたるのせーし、色々ぴゅっぴゅっしちゃえ!」
そんなふうにいってボクのチン○をおっ○いで変動に力強く扱くお姉ちゃん。禁忌、気持ち良すぎてもう一度……!
――まったく○教え子の小さいボクがどうしてこんな事をしているかというと、ボクのお姉ちゃんが帰って来たからです。
はい、ボクのお姉ちゃんは少し都市に行っていたんだけど、帰ってきたら人肌は黒く、いかにも都市の女児みたくなってて、おまけに甚だしくエッチになっていたんだ。
で、お姉ちゃんはボクに童貞を完了させてあげると言い取りかかり、何となくエッチする事になり……。
先々、
「はぁはぁでるよ!お姉ちゃんの中に出ちゃうよ!歩きどけてよ!でないと赤ん坊適うよ!」
お姉ちゃんのアソコにボクのチン○を挿入し、バッチリ腰降ってたんだけど、すでにイきそうなのにお姉ちゃんがボクを歩きで拘束して抜かせてくれない!
「っ!無事故!このままお姉ちゃんの中で出して!わたるのせーし、全体お姉ちゃんの中で出して!」
なんて言い取り掛かり……!?
誌作品は男専門力作で、褐色女児のお姉ちゃんと少年がエッチしまくって仕舞うというアナウンス。
少年相手方というのが分かれ目!そんなに、誌作品はおねショタなのです!しかもこういう男子がほんとに良い!お姉ちゃん狙いに見極めるのがおねショタの分かれ目かもしれませんが、こんなにも男子がかわいいと、男でも、或いは女性でも遊べるかもしれませんね。
個人的に、この手のおねショタものでは相当可愛い分類の力作かと思います。いや却って誌作品が至高いいかなぁ。男子が亢奮し過ぎず、更にお姉ちゃんが最後まで主導でエッチしているので、飽くまでお姉ちゃんが責めという大前提が崩れていないのが良いです。
大いにショタが亢奮して、ショタおね?に罹る力作多いんですが、そうじゃないんですよ。
お姉ちゃんが「ふふ、中に出してもいいよ。いやかえって出しなさい!」なんていって、歩きでガッツリ拘束して出させてあげたり、上に跨って腰を振ってあげたり、女性責めなのが素敵なんです!
……と、激しく喋り過ぎてごめんなさい。。でも、誌作品はフル色調な上、エッチシーンも凝縮で、非常にヌきやすい!これは保証します。
誌作品はコミックフェスタ他で絶賛送達センターなのですが、お話数字も少なく、非常に読みやすいだ。まずは例を!
茨城県の興信所

カテゴリー: 未分類 パーマリンク