2054年、性教育で立派な大人に

「女房とは別れる。君の為なら死ねる。ママの面倒も見る。だから、愛人にならんかね?週一でいいから。ご両親ともきちんとスワップする。金ならやる。見ての通り、ボクは昔からロマンチストなんです」
そういって野卑た声で笑う中年オヤジ。相手はまだ○学生の少女。
だが、こんなやり取りがごく当たり前の世界。それがこの2051年。
少子化が進み、国はそれを打開すべく、新しい改革を実施した。正しい性教育の導入である。
「30代になっても結婚しないで避妊セックスばかりしているくらいなら、○学校から、正しい指導のもと、中出しや妊娠することのすばらしさを知ってもらうべき」
そう掲げられ、2054年には挨拶代わりにセッ○スをするのが日常茶飯事となっていた!?
「先生、もよおしてきました。石坂さんの肉壁借りてもいいですか?」
「えっ!?遠藤君はついさっきも射精したばかりなのに、もうもよおして来たなんて…さすが学級委員!外に引っ掛けないようにきちんと肉便器の中に出すんですよ」
そういって、先生は石坂さんにセック○をさせる。性に塗れた学校での日常は快楽塗れ!
――これは、学校や街中でありとあらゆる人がエッチな事をしまくっちゃう
長野県 車 査定

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク